読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SEPPUKU Web

巣矢倫理子のブログです

週刊少年ジャンプと私

14歳の冬、週刊少年ジャンプ2009年2号を前にして、「ここで止めよう」と決意した。奇しくもその号はのちに大大大大ヒットを飛ばす「黒子のバスケ」の第1話が掲載された号だったが、私が定期購読をやめる決意をしたきっかけは黒バスではない。2009年3号のジ…

南北朝時代のMCバトルを考えてみた

南北朝時代のラップバトルを一生懸命考えました。ご笑納ください。 足利直義VS高師直 【足利直義】 お前バサラバサラって言われてるけどAREA AREA 力のあるものが強いってそれがマジなら式目はいらねえ 大御所と決めた京都御所 もうここぞとばかりに振るう采…

「完璧な白い球体」の身体論

※2015/05/22にnoteに投稿した記事の移行版 内容改変なし 私たちの肉体は情報に満ちている。若い、きれい、肌の色、身長、社会的身分、性別。それらの要素によって私たちは相手への接し方を変える。相手の属性を規定し、その中で最も一般的であろうステータス…

性癖の話をした方がいい理由

※2015/04/08にnoteで投稿した記事の移行版。内容改変なし いわゆる「Lgbt」の友人と話していて、こう言われた。「もう、当事者とか非当事者って分けたくない」 前に書いた記事「アニメと愛とジェンダー」で、私は性別が邪魔だという話を書いた。本当は些細な…

わたしと足利直義

※2015/04/01にnoteで投稿した記事の移行版。内容改変なし 足利直義(1306-1352)足利尊氏の弟。室町幕府副将軍。南北朝時代(1336-1392)南朝と北朝が分裂を繰り返しながら対立し続けた日本史史上最大の内乱。一言で自己紹介をしろと言われたら、わたしは「…

アニメと愛とジェンダー

※2015年3月に投稿したnoteの記事(アニメと愛とジェンダー|正しい倫理子|note)をはてなブログの方に移植したものです。内容の改変はありません。 アニメを見ているとき、私は肉体を捨てている。私が二次元に没頭しているとき、私はキャラクターの恋人でも…